2010年02月07日

ジャーマンチャンネル(2010.1.21:パラオ)

german1.jpgパラオで最も有名なマンタポイントで、ドイツ統治時代に作られた水路の出口部分にあたる場所です。基本的に砂地なので海上から見るときれいなエメラルドグリーンですが、水中は他のマンタポイント同様、透明度はよくないです。着底が原則で、石垣スクランブル同様、マンタのお腹を間近で見るにはいいポイントです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2010年02月01日

ペリリュー(2010.1.22〜23:パラオ) ウオール〜カット〜コーナー〜エクスプレス

perico1.jpg急流・群れモノで知られる大物ポイントです。南西に向かって突き出たリーフの先端に向かって、壁〜切れ込み〜コーナー、そこから東側の急行地帯へと続きます。潮によってエントリー地点が変わります。ブルーコーナー同様、とにかく多種多様な魚がいます。加えて、大物の大群、特にコーナー先端でホバリングしてる巨大なロウニンアジの大群は圧巻です。流れているので脚力に自信があればかなり接近できます。ワイド系アドレナリン系の豪快なポイントです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2010年01月27日

2010.1.20〜1.25 パラオ(ペリリュー島)

peri1.jpgエアー:JALWAYSパラオチャーター直行便
 行き:1/20 20:15→1:45(約4時間半)
 帰り:1/25 3:30→7:45
ホテル:アイランドビューホテル

JALのチャーター便でペリリュー島に行ってきました。コロール島stayの昨年と全く同じ日程です。

ペリリュー島はコロール島の南西50kmにある、総面積13kmxkm、人口700人の島です。実際はみんな出稼ぎに出ているので200人程度しか人はいないそうです。北部沿岸に島の中心地がありますが、店が数軒あるだけです。島の北端と南端の2カ所に港があり、北の港には今回泊まったホテルと島唯一のレストランとダイビングショップが併設してあります。南の港はダイビングポイントに近いので陸の拠点になります。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2009年12月21日

バラフエダイ(2009.11.6:グアム・クレバス)

barafue1.jpg薔薇笛鯛です。薄赤色の体色でフエダイ科の中でも体長1mぐらいある大きな魚です。よく見る魚ですが、警戒心が強く、いつも絶妙な距離をキープされてしまい、後ろ姿を見る機会が多いです。猛毒を持っている場合があり、食用には適さないそうです。ちなみに、「笛鯛」というのは、口が前に突き出て口笛を吹いているように見えるからだそうです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年12月14日

マダラタルミ(2009.11.7:グアム・Wリーフ)

madaratarumi1.jpg成魚は50cmほどのとても地味な普通のフエダイ科の魚になってしまいますが、幼魚は写真のように白黒のパンダ模様でカワイイです。ちょこちょこよく動きます。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物

2009年12月07日

ヨスジフエダイ(2009.11.7:グアム・ガバナーカット)

yosuji1.jpg四條笛鯛です。黄色に4本の縁入り縦縞が特徴です。体長30cm程度で大抵、密集した群れを作って泳いでいます。ロクセンフエダイ(六線笛鯛)と似ていますが名前の通り縦線の数が違います。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物

2009年12月01日

ノコギリダイ(2009.11.5:グアム・バラクーダロック)

nokogiri1.jpg鋸鯛 です。よくいる魚です。背中の後ろの方が金色に光って見えるのが特徴です。体長30cm程度です。大抵、少数で密集して群れた状態でホバリングしています。近寄ってもあまり逃げません。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物

2009年11月24日

ムスジコショウダイ(2009.11.5:グアム・バラクーダロック)

musujikosho1.jpg黄色の鰭に白黒の縦縞、虎模様のとても目立つ魚です。50cmほどの大きさですが、あまり移動せず、一カ所にとどまっていることが多いです。アヤコショウダイ(黒点多数)の幼魚(縦縞)に似ていますが、帯の幅・数が違うのと頬部の縞の有無で区別できます。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 中物

2009年11月21日

ヘラヤガラ(2009.11.5:グアム・バラクーダロック)

herayagara1.jpg最もよく見る矢柄の仲間です。50cm〜1mぐらいの大きさです。細長い口で掃除機のように小魚などを吸い取って食べるそうです。普通見るのは写真のような色がほとんどですが、環境に合わせて体色を変化させるそうです。全身、真っ黄色の個体もいるそうです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 中物

2009年11月15日

タイマイ(2009.11.7:グアム・アサンカット)

taimai1.jpgアオウミガメと並んでよく見るカメです。甲羅がベッコウの原料として乱獲されたことで有名ですね。アオウミガメより小型で、鳥のように口元が尖っていることと、甲羅が重なったようになっていて後ろの部分がノコギリ状になっていることで区別できます。ケラマやパラオによくいます。ゆっくりとした動きは見ているだけで癒されます。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物