2010年08月07日

アカウミガメ(2010.7.23:ケラマ・運瀬)

akaumi1.jpg全長1m以上の大型のウミガメで、いかにもごつく、ガメラのようなカメです。アオウミガメやタイマイと異なり雑食性で、首が太くてアタマが大きいのが特徴です。噛まれると肉を引きちぎられるそうです。甲羅も汚れてきれいとはいえないですね。アオウミガメやタイマイと同様、絶滅危惧種です。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2010年08月01日

ジンベエザメ(2010.7.24:沖縄本島・読谷村ジンベエポイント)

jinbe1.jpg体にある模様が甚兵衛に似ているのでこう名付けられました。独特の模様・体型をしている、現在、生きている最大の魚です。プランクトンや小魚などを海水と一緒に吸い込み、海水だけを排出して残りを飲み込みます。ゆっくりとした動きで泳ぐ速度も速くありません。人を攻撃するようなこともありません。大きいですがとてもかわいい目をしてますよ。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2010年02月14日

ツムブリ(2010.1.22:パラオ・タートルコーブ)

tumu1.jpg二叉の尾鰭、黄褐色の体に2本の青色ラインが特徴で、英名「レインボーランナー」です。いつも群れで泳いでいる体長1mほどもある大きな魚です。ブリではなくアジの仲間です。とてもきれいな魚ですが、バラバラに群れていて、結構、近寄ることができ、しかもいろいろな所で見られるので、割と見逃されがちで、あまり人気がないですね。

続きを読む
posted by おーぜき at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年12月21日

バラフエダイ(2009.11.6:グアム・クレバス)

barafue1.jpg薔薇笛鯛です。薄赤色の体色でフエダイ科の中でも体長1mぐらいある大きな魚です。よく見る魚ですが、警戒心が強く、いつも絶妙な距離をキープされてしまい、後ろ姿を見る機会が多いです。猛毒を持っている場合があり、食用には適さないそうです。ちなみに、「笛鯛」というのは、口が前に突き出て口笛を吹いているように見えるからだそうです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年11月15日

タイマイ(2009.11.7:グアム・アサンカット)

taimai1.jpgアオウミガメと並んでよく見るカメです。甲羅がベッコウの原料として乱獲されたことで有名ですね。アオウミガメより小型で、鳥のように口元が尖っていることと、甲羅が重なったようになっていて後ろの部分がノコギリ状になっていることで区別できます。ケラマやパラオによくいます。ゆっくりとした動きは見ているだけで癒されます。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年10月01日

スマ(2009.9.14:石垣島・米原南東)

suma1.jpg「ヤイト」とか「スマガツオ」とも呼ばれています。本当の「カツオ」(マガツオ・ホンガツオ)と違いますが、ソウダガツオやハガツオを含めてカツオと呼ぶことが多いようです。カツオよりちょっと小型で体長40〜50cm程度です。泳ぐスピードが速いのと、背中の後半部分が斜め縞模様でギラギラ光っているのですぐにわかります。紡錘形の体型に大きな三日月形の尾鰭は典型的なマグロ型、肉食、高速遊泳体型ですね。ちなみに「ツナ(Tuna)」に含まれます。ケラマでは見ないですね。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年09月29日

オニイトマキエイ(2009.9.12:石垣島・マンタスクランブル)

manta1.jpgいわゆるマンタ(英名:マンタ・レイ)です。マダラトビエイとかと違って逃げることなくゆっくりと泳ぎ、同じ場所を行ったり来たりします。魚に寄生虫を取ってもらっている(クリーニング)らしいです。流れのない浅いところでゆっくり見れるので人気がありますね。ちなみに、頭鰭(頭から出ている触覚みたいなやつ)がくるっと巻いているので「イトマキ」だそうです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年08月10日

カマストガリザメ(2009.7.27:沖縄本島近海)

kamasutogari1.jpg英名はブラックチップシャーク。よく見るネムリブカ(ホワイトチップリーフシャーク)とかツマグロ(ブラックチップリーフシャーク)とは違います(普通、「ホワイトチップ」とか「ブラックチップ」とかいったらこちらを指します)。スマートで流線型、泳いでる姿もすばらしい!最もサメらしいサメですが、文字通り「リーフ」にいないのでダイビングで見れる機会はかなり少ないはず。周囲をウロウロしてくれたので、近くでじっくり見ることができました。見た目も動きも、ホワイトチップとかとは一線を画しますね。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年08月07日

シェブロンバラクーダ(2009.7.27:沖縄本島近海)

ookama1.jpgいわゆるオオカマス、バラクーダです。横から見て縦縞があるのがオオカマス、縞がないのがオオメカマス、尾びれの真ん中がボコッと出てるのがブラックフィンバラクーダ・・・と一応は区分けしていますが正確にはよくわかりません。。。いずれにしても日本で見れる機会は本当に少ないはず。群れの迫力はすごいです。美しいです。二手に分かれて上空(水中)で交差する姿はシンクロ団体の演技を見ているようでした。

続きを読む
posted by おーぜき at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年07月31日

ホワイトチップリーフシャーク(2009.6.20:ケラマ・ウチザン礁)

whitetip.jpg和名はネムリブカです。最もよく見るサメです。ケラマにはたくさんいますが、大抵は岩陰など、狭い隙間の間で死んだように寝ています。姿形は間違いなくサメですが小型種でこわいというよりカワイイです。ここにいたやつはその中でも大きくて1.5m程度、ありました。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年07月13日

ブラックフィンバラクーダ(2009.1.22:パラオ・ブルーコーナー)

baracuda1.jpgカマスの仲間。ギンガメアジ同様、流れる場所を大群で移動することで有名。巨大な群れをつくりますが、その細長い姿形から群れの形も見た目も美しく、かっこいいです。
続きを読む
posted by おーぜき at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年07月06日

ヤイトハタ(2009.6.21:粟国島・筆ん崎)

yaitohata.jpg体中に小さなぶつぶつ模様があり、黒いまだら・縞がある大型のハタです。1m以上ある大きなやつでした。水底をたたずんでいてゆっくりとしか動かないので写真は撮りやすいです。
続きを読む
posted by おーぜき at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月27日

ギンガメアジ(2009.6.21:粟国島・筆ん崎)

gin1.jpg流れる場所を大群でホバリング・移動することで有名。密集した塊(銀玉)としてまっすぐに移動したり回転したりするのでその風景は圧巻!個人的にはマンタとか超大物よりも群れものの方が迫力があり、威圧感を感じる。一面を群れで囲まれると恐怖感さえ覚える。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月25日

ロウニンアジ(2009.6.20:ケラマ・運瀬)

rouninnagi1.jpgいわゆるGT(Giant trevally)です。アジのくせにバカでかいです。独特の顔つきと大きさで遠くからでもすぐにわかります。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月12日

マダラトビエイ(2008.11.15:サイパン・アイスクリーム)

madaratobiei.jpg一番よく見るエイです。集団でホバリングしていたり、1枚で泳いでいることもあります。この日は4枚で珊瑚アイスクリームの山の上をぐるぐる旋回していました。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月11日

アオウミガメ(2008.11.14:サイパン・ラウラウビーチ)

kame.jpg一番よく見るカメです。ケラマとかにはたくさんいますが、こいつは大きかった!そういえばパラオのタイマイも大きかった。やっぱり南国の生き物はスケールがでかいですね。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月10日

イソマグロ(2009.4.26:ロタ・ハルノンドロップオフ)

maguro.jpg子連れで泳いでました。でかかった!!!イソマグロ自体はケラマでもよく見れます。名前は「マグロ」ですがマグロ属ではなく、スズキ目・サバ科だそうです。マグロより細長く、下あごがしっかりしています。鋭いギザギザ歯が特徴らしいです。いずれにしろ、泳ぐの速いので近くで見るの難しいです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月07日

ナポレオンフィッシュ(2009.1.22:パラオ・ブルーコーナー)

napoleon3.jpg和名はメガネモチノウオです。愛嬌のある顔・形ですがデカくて迫力あります。遠くからでもそのシルエットですぐにわかります。昔、餌付けされてたそうで、パラオのやつは全く逃げず、逆に近寄ってきます。威嚇とかもありません。写真取り放題、って感じです。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月06日

グレイリーフシャーク(2009.1.22:パラオ・ブルーコーナー)

shark2.jpg和名はオグロメジロザメです。ホワイトチップ、ブラックチップと並んでよく見るサメです。大型で流線型、ドライな目をしたいかにもサメらしいサメです。
続きを読む
posted by おーぜき at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物