2009年06月27日

ギンガメアジ(2009.6.21:粟国島・筆ん崎)

gin1.jpg流れる場所を大群でホバリング・移動することで有名。密集した塊(銀玉)としてまっすぐに移動したり回転したりするのでその風景は圧巻!個人的にはマンタとか超大物よりも群れものの方が迫力があり、威圧感を感じる。一面を群れで囲まれると恐怖感さえ覚える。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月26日

筆ん崎(2009.6.21:粟国島)

fudengingame.jpg粟国島の西端の崖、筆ん崎の沖にある、たぶん日本有数の回遊魚ポイント。数千匹のギンガメアジのトルネード(密集した群れの塊が回転するように移動するところ)と数百匹レベルのイソマグロの群れで有名。ただ、近くにここ以外のポイントがないので、一日ここに専念することになる。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2009年06月25日

ロウニンアジ(2009.6.20:ケラマ・運瀬)

rouninnagi1.jpgいわゆるGT(Giant trevally)です。アジのくせにバカでかいです。独特の顔つきと大きさで遠くからでもすぐにわかります。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月24日

運瀬(2009.6.20:ケラマ)

unsemaguro.jpgケラマBIG3ポイントの中でも最も行ける機会が多いポイント。渡嘉敷島の東、運瀬岩のところを潜ります。イソマグロ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、ツムブリなど、大型回遊魚を見ることができます。数の大小はあれ、はずれはほとんどありません。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2009年06月22日

牧志公設市場のまわり

F1000097.jpg最終日は飛行機の関係で潜れないので町をぶらつくことにしている。牧志市場の周辺は細い道が入り組んでいて小さな店が密集していて面白い。おみやげ物、食料品、アパレル、雑貨のほか、米軍放出品、かつら屋、よろず相談処、とかいうところもある。ここで食うウベ(紅山芋)のアイスはうまい。個人的には沖縄でうまいのは泡盛と豆腐ようとウベアイス(これ沖縄じゃないが)だ。
posted by おーぜき at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月21日

粟国島

F1000078.jpgうねりが心配だったが、思いのほか海況よく、無事、粟国着。粟国島は那覇から北西60km、船で1時間40分で行ける。島の西端が断崖絶壁でここが筆ん崎。何もないところだが7.5km*2に900人ほど住んでいるらしい。今日は日差しが強く、沖縄の梅雨明けも近そう。
今日行ったとこ:筆ん崎×3(粟国島)
posted by おーぜき at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月20日

渡嘉敷島上陸

F1000071.jpg昼休み、渡嘉敷島に上陸。周りの海はよく潜るが、陸上は初めて。座間味と阿嘉と慶留間には去年、上陸しているのだが。昨日より海況はよくうねりも小さい。午後は日差しも強く、やっと沖縄らしい天気になった。運瀬は魚も透明度もイマイチ。
今日行ったとこ:運瀬、神城-城島北、ウチザン礁(ケラマ)
posted by おーぜき at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月19日

雨ふらぬが台風が

F1000069.jpg1日雨予想だったがほとんど降らず、時折、日もさした。でも台風発生。南からのうねりもひどく大物ポイントダメ。砂地も透明度5m、ケラマの海で迷子になりそうになった。
今日行ったとこ:自津留、トウマNo2、夫婦岩(ケラマ)
posted by おーぜき at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月18日

久々の沖縄

F1000061.jpg久々の沖縄!去年の9月以来。いつものANA最終便だ。
湿気がすごいが結構、涼しい。天気も海況もイマイチ予想だが、台風、卵のまま消滅したのでOK!雨もポツポツ程度だ。旭橋までゆいレール230円。
posted by おーぜき at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月17日

立柱(2008.6.30:チービシ)

akakukuri.jpg海の真ん中にあるポイントです。水深30mのところに大きな岩があるだけで、何もいなければ何もありませんが、当たればギンガメアジのトルネードが見られます。この日は岩の陰、一面にアカククリの大群(200匹以上)がたたずんでいました。ちょっと異様な風景でした。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2009年06月12日

マダラトビエイ(2008.11.15:サイパン・アイスクリーム)

madaratobiei.jpg一番よく見るエイです。集団でホバリングしていたり、1枚で泳いでいることもあります。この日は4枚で珊瑚アイスクリームの山の上をぐるぐる旋回していました。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月11日

アオウミガメ(2008.11.14:サイパン・ラウラウビーチ)

kame.jpg一番よく見るカメです。ケラマとかにはたくさんいますが、こいつは大きかった!そういえばパラオのタイマイも大きかった。やっぱり南国の生き物はスケールがでかいですね。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月10日

イソマグロ(2009.4.26:ロタ・ハルノンドロップオフ)

maguro.jpg子連れで泳いでました。でかかった!!!イソマグロ自体はケラマでもよく見れます。名前は「マグロ」ですがマグロ属ではなく、スズキ目・サバ科だそうです。マグロより細長く、下あごがしっかりしています。鋭いギザギザ歯が特徴らしいです。いずれにしろ、泳ぐの速いので近くで見るの難しいです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月09日

ハルノンドロップオフ(2009.4.26:ロタ)

hal-black.jpgウエディングケーキマウンテンの先端、ハルノン岬の沖にあるドロップオフ。大当たりでした。子連れ?のイソマグロ、ブラックチップシャーク、ナポレオンフィッシュ、アオウミガメ、クエ、ギンガメアジ群れ・・・1diveでこれだけ多種、見たのは初めてです。ロタ恐るべし。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2009年06月08日

センハノンケーブ(2009.4.26-28:ロタ)

rotahall1.jpg通称、「ロタホール」。フジテレビの「世界の絶景100選」でアンガールズに紹介されたところ。3日間で計3回も行きました。ただのひょうたん型の天井に穴の空いた洞窟ですが、光が差し込むとこれが柱となって水中に輝きます。透明度がいいので光の柱がキラキラ、幻想的に見えます。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2009年06月07日

ナポレオンフィッシュ(2009.1.22:パラオ・ブルーコーナー)

napoleon3.jpg和名はメガネモチノウオです。愛嬌のある顔・形ですがデカくて迫力あります。遠くからでもそのシルエットですぐにわかります。昔、餌付けされてたそうで、パラオのやつは全く逃げず、逆に近寄ってきます。威嚇とかもありません。写真取り放題、って感じです。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月06日

グレイリーフシャーク(2009.1.22:パラオ・ブルーコーナー)

shark2.jpg和名はオグロメジロザメです。ホワイトチップ、ブラックチップと並んでよく見るサメです。大型で流線型、ドライな目をしたいかにもサメらしいサメです。
続きを読む
posted by おーぜき at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 大物

2009年06月05日

ブルーコーナー(2009.1.22:パラオ)

baracuda.jpg2回、行きました。世界最高のポイントといわれるだけのことはあります。透明度はよくない(パラオはどこでも20m程度)ですが、魚の質と量が違います。ちょっと進めば何かの群れに当たります。
続きを読む
posted by おーぜき at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2009年06月04日

テニアンフレミング(2008.11.15:テニアン)

flemming2.jpgテニアンはサイパンから南西に約10km、船で1時間ほどで行けます。水上から見た青さからわかるほど透明度は抜群です。特にこのテニアンフレミング、朝一で行きましたが、透明度50m、水深70mまで垂直に落ちるドロップオフは圧巻・爽快、最高の気分になれます。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント

2009年06月03日

グロット(2008.11.14:サイパン)

glot1.jpg外洋に通じる天然のプールからエントリーする有名なポイントです。3つのトンネルを介して差し込む青い光が幻想的な世界を創ります。エントリーポイントまでは116段(らしい)の急な階段を下り・上りしなければなりません。帰りはほんとにしんどいです。

続きを読む
posted by おーぜき at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイント